基本洗車

いつも洗車はガソリンスタンドや業者という人、自分で洗車してみませんか?
ここでは、基本的ですぐに行える簡単な洗車のやり方を紹介します。
もっと簡単に洗車をしたい方は、簡単洗車からお試しください。
また洗車道具については基本アイテムを参照してください。

1.水洗い

まずは水洗いからです。下回りを洗ったあと上部から水で汚れを洗い流します。水圧で吹き出しノズルがブレないようにノズルの左記を持ちます。
また衣類も汚れてもいい格好で洗車を行いましょう。

2.シャンプー

シャンプーの泡を払うように下へ落としていく。残っているホコリでボディをキズつけないように…ゴシゴシこすってはいけません。力を入れないことです。力を入れないで全体をまんべんなくこするようにしましょう。

3.拭きとり

ウエスの吸水性を利用して、水滴を払うように拭いていく。ウエスが水を吸い取らなくなったり、汚れてきたらすぐに洗って汚れをとって作業しましょう。拭き取りはスピードが命です。乾かさないようにしましょう。乾いてしまうと水泡になりかえって目立ってしまいます。
長い時間かけてやると次に続かないかもしれません。素早く始めて素早く綺麗にしましょう。

4.ワックスがけ

スポンジにワックスをつける時は缶にスポンジをのせ、スポンジが半分くらいつぶれる程度に力を入れて回し、ごく少量つける。ワックスを塗る前に霧吹きで水を吹きかけるとワックスののびがいいですよ。ワックスを塗るのはタテ、ヨコ、タテと薄く塗り、丸くこするように塗らないようにしてください。一度に塗る範囲は30から40センチ四方です。ワックスに関しては、ある程度の時間が必要になります。
あまり時間がない場合には拭き取りまででも、やる前に比べれば格段と綺麗になっているはずです。

5.ワックスの拭きとり

手早く拭き取る。決して乾燥させないようにする。乾燥したら霧吹きで水を吹き付けて拭き取ればムラになりません。

6.ウィンドウクリーニング

タバコのヤニやエアコンの水蒸気などで以外に汚れています。いつもピカピカにしておけば安全運転もできますね。

7.エンブレムを磨く
エンブレムのすきまにはワックスのカスが残りやすいです。あまり見ない部分かもしれませんが、気を配ってみましょう。細かい部分にも気をつければ仕上がりに差がつきます。
応用30分洗車
この洗車では物足りない、でも本格的な洗車はまだ…という方には、
30分洗車をご用意しています。
©2017 HM AUTO