クーラントのチェックと注ぎ足し

エンジンを冷却してくれるクーラントが、
規定量が入っていないとエンジンのオーバーヒートの原因にもなってしまいます。
減ってきたら注ぎ足しましょう!
通常は急激に減る物ではないので、
もしあまり頻繁に注ぎ足しが必用なようであれば、
ラジエターやホースなどからの、
液漏れを疑ってみたほうがいいでしょう。

液量が減っているようでしたらクーラントを足してやりましょう。
数100cc程度なら水を足しても問題はありません。
極端に減っているようだったら水漏れを疑ってみましょう。
エンジンをかけておいてウオーターホースやラジエターコアなどから漏れていないかをチェックしましょう。

クーラントは希釈割合が決められているので、
その割合で別の容器に作っておき、
それを足してやるのが正解ですが、
濃い分には問題ないので大量に入れる時以外は現役のままでも構いません。

このチェックはそこまで難しくないので挑戦してみましょう。
©2017 HM AUTO