エンジンオイルのチェックと注ぎ足し

エンジンオイルのチェックはエンジンルーム内のレベルゲージを抜いて行います。
プロならばオイルの色を見れば、
交換の時期などを判断することができますが、
ビギナーでは難しいです。
キチンと規定量のオイルが入っているかをチェックして、
交換の時期は走行距離や試用期間で判断しましょう。

レベルゲージはエンジンブロックからパイプが伸びてその先に刺さっています。
抜きやすいように取っ手が輪になっているからすぐにわかるはずです。
エンジンが温まっているときには暑くなっている場合もあるので注意しましょう。
もちろんエンジンは止めておきましょう。

白い綺麗なウエスでレベルゲージのオイルを拭き取り、汚れ具合を見ます。
どす黒く汚れているようでしたら、そろそろ交換の時期ですが、
実際はオイルを見て交換時期がわかるようになるには慣れと経験が必要です。
走行距離や試用期間で判断しましょう。

ウエスで拭き取ったあと、
もう一度パイプにレベルゲージを根元まで差し込んでから引き抜き、
残量を確認します。クルマによって表示の方法は違いますが、
決められて亜レベル内にあれば問題ありません。

オイルが減っていれば注ぎ足しましょう。
缶から直接入れるのは難しいので、
オイルジョッキなどを用意しておくと作業がしやすいです。
オイルジョッキが無くても、
ペットボトルの先端部分を切ってジョウゴの代わりにすることも出来ます。

オイルを注入するのはエンジンヘッドカバーのところにあるオイルキャップから行いましょう。
エンジンがかかっているときにフタをあけるとオイルが飛び出してくるから、
作業中はエンジンは切っておくようにしてください!

オイルはいっぺんに入れずに、
ときどきレベルゲージで確認氏ながら少しずつ入れるようにしましょう。
「ちょっと減っているから足そう」というときには、
せいぜい500cc程度しか入らないものです。
©2017 HM AUTO