バッテリー液の注ぎ足し

普通のバッテリーは、ある程度の期間使用すると
液が徐々に気化して減ってしまいます。
注ぎ足す場合はスタンドやカー用品店で売られています。
バッテリー補充液(蒸留水)を入れます。
最近はMF(メンテナンスフリー)バッテリーが使われているクルマも多いですが、
その場合は注ぎ足しはできないので注意しましょう。

バッテリーの蓋はコインなどでも開けられます。
化学反応で電気をおこしているので火気厳禁です。
ターミナルはむき出し状態ですのでショートさせてしまうこともありますので注意が必要です。
もし比重系があったら比重も計っておきたいですね。

補充液を各セル(フタが開くところ)全部に液面が均等になるように入れましょう。
補充液自体は触っても危険ではありませんが、
バッテリー内の液体は希硫酸なので注意しましょう。
比重が低かった場合にはバッテリーをクルマから外して充電を行います。

ちょっと一息

最近ではメンテナンスフリーバッテリーというものがあって補充液を足す必要ないものもあり、
従来のバッテリーと違って密閉式になっています。
そういったバッテリーにはインジケータ窓がついているので、
注意書きをよく読んで充電状況を確認しましょう。
©2017 HM AUTO