ウィンドウウォッシャー液の注ぎ足し

ウォッシャー液のタンクはエンジンルーム内にあります。
白い樹脂性のたんくなので残量はそのタンクのメモリを見ればいいです。
注ぎ足すウォッシャー液には、そのまま使用できるものと濃縮タイプの2種類があります。
冬場などは、濃縮タイプをあまり薄めずに使うと凍りにくくなります。

露や雪の時期にはウィンドウウォッシャーを使う機会が多いので、マメに量を点検します。
リアワイパーが装着されている場合は、
タンクが別になっていることもありますので両方忘れずに。
空っぽになってからウィンドウウォッシャーポンプを長時間動かすと、
モーターが焼きついてしまうこともあります。

現役のままでも問題はありませんが、
水で薄めて使うと効率がいいですよ。
容器に希釈割合が表記されているのでそれを目安にしてください。
ぴっちりと守らなくてもウィンドウウォッシャーの場合は大体のところでオーケーです。
ドライブの途中でなくなったときなどは、コンビニなどで水を買って代用もできます。

ちょっと一息

ウィンドウウォッシャー液がないときには、家庭用液体中性洗剤でも代用できます。水に混ぜて使えば、オーケーです。ドライブ先で無くなった時には、コンビニでミネラルウオーターやウーロン茶を買って入れることができます。ウーロン茶は油分が落ちるので、緊急事態用として代用できることを覚えておくといいでしょう。
©2017 HM AUTO