ボディクリーナー(細かい部分)

1.ウエスにつける
クリーナーでボディを磨く際、
細かな部分は、スポンジでは磨きづらいです。
そういう場合は、写真のように柔らかい布(ネルウエスなどがいいです)を使って磨きます。
クリーナー液はクルマのボディに直接つけないで一度布に取ります。

ウエスをもむ
大量にクリーナー液がついてしまった場合は、
左右を合わせるようにクリーナー液をもみます。

2.ドアミラーを磨く
曲面の多いミラーなどは、
布でなければ上手く磨けません。
また、モールとボディのつなぎ目や、スポイラーの裏側など細かな部分には、
ヘラや割り箸などを併用すると上手くいきます。

3.ヘラを使う
ピラーのゴム部分の隙間には、
ワックスやクリーナーが残りやすくなっています。
プラスチック製のヘラを隙間に入れ、軽くこすればカスが取り出せます。

ヘラを動かしながら、クリーナーをつけた布で拭けば、
簡単に詰まったカスを取り除くことが出来ます。
力を入れすぎてゴム部分を破損させないように注意してください。

4.ウォッシャーノズルを磨く
ウォッシャー液のノズル周りも、ワックスを拭き残しやすくなります。
布を小さくたたんで磨くか、大きなスポンジをカッターでカットして使うのもいいですね。
つまようじや綿棒などを併用するとより作業がしやすくなります。
©2017 HM AUTO