エンブレムを磨く

エンブレムなどの隙間にはワックスが入り込みやすいです。
また洗車やシャンプーではなかなか落ちないのでつまようじやヘラ、耳かきなどを用意してほじくり出しましょう。
ワックスを伸ばすための水や、ウエスなども必要ですね。
中をくり抜いたパターンのエンブレムは、不用意にワックスをかけると隙間にカスが残りやすいです。
まず霧吹きで水をかけましょう。
つまようじや割り箸、耳かきを使って、隙間に入り込んだワックスをかきだします。
金属の針などでは塗装にキズをつけてしまう恐れがあるので必ず木や樹脂などの柔らかいものを使います。
耳かきの微妙なカーブはエンブレムの隙間を掃除するのにぴったりです。
後ろについた綿毛もホコリを払ったりするのに便利です。

隙間に入ったワックスを、綺麗に取り除いた後は、
残ったワックス分を布で伸ばすために、霧吹きで水をかけます。
樹脂のヘラにネルウエスを巻きつけてワックスを伸ばします。
こうすることでエンブレムの中にも綺麗にワックスをかけられます。

どうしてもカスが取れないようならエンブレムをボディから取り外して、
ワックスをかけるという方法もあります。
©2017 HM AUTO