古い外車の水気

クルマの構成パーツの殆どは鉄で出来ています。

そのため、時間の経過や傷の付着で防錆が破壊されてしまい、

錆びてきてしまうことも珍しくありません。

特に外車の場合は、洗車は最小限に留めたいところです。

クルマを大切に思う気持ちはわかるのですが、

大切に思うあまりにマメに洗車を行ってしまい逆効果になってしまう場合があります。

だからといって、古い外車だから洗車をしないほうがいいというわけではありません。

クルマを汚れたままにしておくのは、さらに良くありません。

汚れがボディにシミを付けてしまったり、汚れが湿気を呼んで錆を発生させてしまうことがあるからです。

洗車後に関しては、水を沢山かけないようにして、細部やボディの内側に水気が溜まらないようにして洗うようにしましょう。

ボディにホコリがうっすらと残っているときには、細心の注意を払うようにして。

そこでボディに傷をつけないように細心の注意を払うようにしましょう。

霧吹きに薄めたカーシャンプーを少量入れ、ボンネットだけ、ルーフだけという具合に1枚ずつ吹きかけていくようにしましょう。

©2017 HM AUTO