ルームクリーニングについて

クルマの掃除というと洗車ばかりに目がいってしまいますが、
車内のクリーニングも忘れてはいけません。
車内がキレイだとドライブも快適になります。
また、人を乗せる機会の多い人なら同乗者のことも考えて特にクリーニングには気を使いましょう。
自分が同乗者の立場だったらキレイなほうがいいですね。
車内の掃除で使うケミカルは汚れを落とすだけに重点を置かずに ケミカル剤の臭いにも気を使いましょう。
クルマは密閉された空間のため、
何気なく使ったケミカル剤の匂いもよそ外に気になるものです。
様々なケミカルを不用意に使うと、匂いが混ざり不快臭になってしまいます。
そこで、普段自分の部屋の掃除に使っているなれた匂いの家庭用潜在を使うのも1つの手です。
クルマの中の空間は、基本的に家の中と変わりません。
最初はドアを開けて換気をしましょう
車内の掃除をはじめる前にクルマの換気をしましょう。
車内にこもったにおいや湿気、
ホコリを外に逃がしてあげることから室内掃除は始まります。
まずは、ドアやハッチなどの開けられる部分は全て開けて換気しましょう。
家庭用洗剤を使おう
使用する道具
使用する場所
注意点
マイペット ペダルのクリーニング。ダッシュボード、ピラーの内張りドアの内張り、、ハンドル、グリップ、シートベルトなど用途は多い。

使ったところは濡れタオルでよく拭いて成分を残さない。クルマの塗装面には使わないように。

アクロン
ソフラン
マット手洗いに使用する。マットは羊毛などの素材が多いので最適。マット洗いの仕上げに使用する。柔軟剤を使うと毛足も一段とよくなる。

キャップ一杯が洗濯機一台分なので使用する量液は多すぎないように。間違うとすすぎのときの泡切れが大変になる。

ガラスマイペット 車内のガラス部分に使用する。

直接ガラスに吹き付けないでウエスにつけてから使う。

シミ抜き剤 クルマ用もあるが、緊急時にはコンビになどで売っているものでもいい。

水性用と油性用があるので汚れによって使い分ける。固まってしまうと専用剤を使用するか、それでも落ちない場合はプロに頼む。

ルームクリーニングメニュー

©2017 HM AUTO