掃除機で車内ルームクリーニング

車内にたまったホコリなどのゴミは、
掃除機を使ってとってしまいましょう。
家庭用の掃除機を自宅から引っ張ってきて使うか、
コイン洗車場にある吸引力の圧宵大型の掃除機を使うのが理想的です。
また、時間がない場合の洗車の場合には、すぐに出来る洗車と掃除機でのルームクリーニングでもいいかもしれません。

◇床
ゴミやホコリは下へと落ちるので、床には汚れが溜まっているはずです。
面倒くさがらずに、シートの下もホースを伸ばししっかりと掃除機をかけましょう。

◇シート
シートには常に人の身体が触れているので、
様々な汚れがついているはずです。
しつこいと思われるくらい徹底的に掃除機をかけましょう。
特にシートの縫い目などは手を使って広げ、
細いノズルでゴミを吸引しましょう。
ハッチバック車ならシートを起こして掃除をしましょう。

意外と見落としがちなのがシートの背もたれの裏側と、ヘッドレスです。
目に付かない割には汚れやすい部分なので、
手を抜かずに掃除機をかけましょう。

◇リアのボード
リアシートの後ろのボードに普段ボックスティッシュなどの小物を置いているなら、必ず汚れているはずです。
邪魔な荷物をどけて、掃除機をかけます。

◇天井
天井も意外と汚れています。
全席側から後席側まで、同じように掃除機をかけましょう。
ルームランプの隙間なども誇りはたまっているはずです。

◇ハンディクリーナーを使う
家庭用の掃除機が使えない場合や、
近所にコイン洗車場がない場合はクルマ用として売られているハンディクリーナーを利用しましょう。

◇サイドポケット
サイドポケットは、掃除機を細いノズルにつけ替えて、
ホコリを取ります。

◇トランクルーム
トランク内とさらにその下、
スペアタイヤの入っているスペースにも掃除機をかけておきたいですね。
結構ゴミや水分がためっていて、悪臭の原因になっています。

ルームクリーニングメニュー

©2017 HM AUTO