マット洗い

マットを先に洗っておこう
クルマのマットには直接靴の底が触れるので、見た目以上に汚れがこびりついています。
それに雨などの湿気もいるはずです。
放って置くとダニの発生源になってしまうので、しっかり掃除&乾燥をしておきましょう。
洗う前のマットと洗った後のマット
洗う前のマット
しばらくマットを洗っていない場合、洗う前のマットは毛足がすっかり寝てしまい、汚れもひどいです。
手で触れてみると湿気もたっぷりと含んでいるのがわかります。

洗った後のマット
1.ブラシで汚れ落とし
洗い始める前に大まかなホコリや泥などは、布団たたきや洗車ブラシ(乾燥したもの)で叩き落しておきます。
洗車場などで叩く場所があれば、そこを利用しましょう。
もちろんクルマから離れた場所で行わないと洗車後のクルマだとホコリがついてしまいますので、離れた場所で行いましょう。
また、マットから糸くずが出ていることもあります。
糸くずは無理に手で切らないでハサミでカットするようにしましょう。

2.水洗い
大まかなホコリを落としたら、次は水洗いです。
ホースなどを使って、たっぷりと水をかけます。
自宅で洗う場合は風呂場のシャワーを使うという技もあります。

3.洗剤をかける
毛糸洗いようの洗剤を、キャップ半分くらい注ぎます。
ボトルに書かれた使用法は洗濯機が基準になっていますので注意が必要です。
その基準よりも少なくしましょう。
※泡立てて洗う
手やあブラシを使ってよく泡立たせます。
泡立たせたら、
マットの汚れを外に出すように外側に向かってこすり洗いをします。

4.洗い流す
充分洗ったら、次にマットについた洗剤分を綺麗に洗い流します。
泡をマットの外に出すように斜めに水をかけます。

5.柔軟剤をかける
水洗いを終えたら、次にふっくらと仕上げるために衣類用の柔軟剤をかけます。
手を使って丁寧に塗りこんでいきます。
量はキャップ半分くらいが目安です。
※全体になじませる
柔軟剤を、手を使ってよくなじませ3訃音くらいおきます。
柔軟剤の香りは衣類の香りなので、クルマ用のケミカルの匂いが苦手な人でもあまり気になりません。

6.洗い流す
柔軟剤がよく馴染んだら、今度は水洗いをして柔軟剤を流します。ブラシではなく丁寧に手を使って流します。

7.乾燥
マットにひもを通すか、柵などにかけてしっかり乾燥させます。
斜めに乾すと水切れがいいですよ。

ルームクリーニングメニュー

©2017 HM AUTO