夏に起きるトラブル

オーバーヒート

原因
冷却水の不足。電動ファンの故障。ラジエターの目詰まり
対策
夏はオーバーヒートを起こしやすいですね。
ラジエターの冷却の力を超えてしまうと水温は一気の上昇を始めるので、
真夏の渋滞などでは水温系に気を配るようにしてください。
もし水温がいつもより上昇し始めたらクルマを止め、
エアコンなどの消費電力の大きなものを切り、
アイドリング状態でエンジンを冷やします。
このときの水温が、通常の温度に下がるまでエンジンは切らない。
通常の温度まで下がったら、ラジエターのサブタンクに冷却水を補充する。
緊急処置としては水でもいいですが、
クーラントには温度上昇を抑える役目もあるので、
早めに規定の希釈割合でクーラントを薄め、補充したほうがいいです。
サブタンクがない場合はラジエターキャップから冷却水を補充しますが、
エンジンに直接手で触れるくらいまで冷やしておかないと、
キャップをあけたとたんに高温の冷却水が噴出してきて、
火傷を負う可能性もあるので細心の注意を払ってください。
水温が上昇し始めましたら、ヒーターを入れると下がることもあるので、
それを試してもいいですね。
視恩恵の針が通常の位置になったら、冷却水の補充も忘れずにしてください。
電動ファンが回っていなかったらヒューズを確認しましょう。
ラジエターコアの目詰まりもオーバーヒートの原因となるので、
ゴミが詰まっていないか、または冷却水が少しずつもれていないかなども確認しましょう。
もしエンジンが自然に止まってしまうほどのオーバーヒートになった場合は…
もう諦める……しかありません。
相当のダメージを負っています。
間違いなく修理工場いきです…残念ですが…
©2017 HM AUTO